SONY

menu
Search button in the site

Open the search area of the siteく

"Hello cube!"アプリを作成する

Unityで Spatial Reality Display アプリを開発しよう!

  1. Spatial Reality Displayのセットアップ, 完了していない場合はSetup Spatial Reality DisplaySetup Spatial Reality Display Settingsを参照してください
  2. SRDisplay UnityPluginがインストールされたUnity Projectがあること, 準備していない場合Set up for Unityを参照してください

  1. File > New SceneからNew Sceneを開き、Sceneからデフォルトで用意されているメインカメラを削除します。

  2. SceneのHierarchyにSRDisplayManager Prefabを配置する

    1. SRDisplayManager Prefab はAssets / SRDisplayUnityPlugin / Runtime / Prefabsにあります

すると、青いワイヤーフレームGIZMOの箱と、シアン色のワイヤーフレームGIZMO平面を見ることができます

Tips

青色のGIZMOはSpatial Reality Displayのビュースペースを表し、シアン色の平面はSpatial Reality Displayの実際の画面を表します。 GIZMOのデフォルトのスケールは、Unityのスケール1が1メートルとすると、実際のSpatial Reality Displayと同じになります。

Tips

UnityのデフォルトのスケールはSpatial Reality Displayにしては非常に大きいので、GIZMOや平面を見つけることができない場合があります。 その場合Scene ViewでWorld座標の原点にズームしないとGIZMOや平面を見つけることができない場合があります。 素早くズームインするには、Hierarchy viewでSRDisplayBoxを選択し、SHIFTキーを押しながら"F"キーを押します。

  1. Spatial Reality Displayの床や壁(透明)を表示するSRDisplayBox Prefabを使用することができます。

  2. 任意のオブジェクトを配置することができます

Tips

デフォルトのUnityスケーリングを使用した場合、Spatial Reality Displayのスケールが小さくなります。

必要に応じてSpatial Reality Displayのカメラビュー内に収まるように、オブジェクトのサイズを調整するか、ビュースペースの拡大縮小の使用を検討してください。

Caution

オブジェクトはSpatial Reality Display View Spaceの内部にある必要があります。 View Spaceからオブジェクトがはみ出している場合は、Spatial Clippingを利用することを検討してください。 しかし、Spatial Clippingは一部のShaderに副作用を及ぼすことがあります。 (詳細はSpatial Clipping has side effects on some shadersを参照してください).

  1. Edit > Project Settings...からプロジェクト設定します。

    1. すべてのQuality LevelsVSync CountDon't Syncに設定してください。 (Minimize the latency for good user experience in Tips and Constraintsを参照してください。)

  2. File > Build SettingsからBuild Settingsダイアログを開き、設定内容を再確認します。

    1. Add Open Scenesボタンをクリックして、ファイルをビルドする際に現在のシーンを含めるようにします。

    2. ArchitectureIntel 64-bitであることを確認してください。

  3. Buildをクリックし、アプリを保存したいフォルダを選択します。

  4. Unityはそのフォルダに実行ファイルを作成します。作成されたファイルをクリックすると、Spatial Reality Display上でコンテンツが起動します。