SONY

クイックスタート

Unreal EngineでSpatial Reality Displayアプリを始めよう!

  1. このページを読む前に Setup Spatial Reality DisplaySetup Spatial Reality Display Settingsをお読みください。
    1. Spatial Reality DisplayはPCと接続されている
    2. Spatial Reality Displayの設定が完了している
    3. Spatial Reality Display Settingsがインストールされている
  2. Epic Games Launcherと Unreal Engine がinstallされている。
    1. Spatial Reality Displayのサポートバージョンは、4.27 , 5.2 , 5.3です。

Note

一度に実行できるSpatial Reality Displayアプリケーションは1つだけです。それ以降のSpatial Reality Displayアプリケーションは起動できません。

  1. Download Pageから最新のSpatial Reality DisplayプラグインとSpatial Reality Display Templateをダウンロードしてください。
  2. Spatial Reality Display Pluginのインストール

    srd-ue-plugin-x.y.z.nnnn.zipを解凍し、作成されたSRDisplayPluginフォルダを、プロジェクト内またはゲームエンジンのプラグインの検索パスのいずれかにコピーします。 プラグインのインストール方法については、 こちら を参照ください。 以降はSRDisplayPluginフォルダをC:\Program Files\Epic Games\UE_4.27\Engine\Plugins\Developer\に配置したものとして説明します。

    Caution

    UE5の場合は、Epic Games\UE_5.x\Engine\Plugins\MarketplaceにSpatial Reality Display Pluginをインストールすると新規プロジェクト作成時にPluginがロードされるため、プロジェクトフォルダ内にPluginを都度インストールせずSpatial Reality Display UEアプリを開発できます。(Marketplaceフォルダが無い場合は新たに作成してください。)

    UE5の場合はプロジェクト作成時にC++を選択してください。 Blueprintのみのプロジェクトでは正常に動作しません。 Blueprintを選択した場合は何らかのC++のコードを追加してください。

  3. Spatial Reality Display Templateのインストール

    SRDisplayUETemplate_x.y.z.nnnn.zipを解凍し、作成されたTP_SRDisplayフォルダとTP_SRDisplayBPフォルダをEngineのTemplatesディレクトリにコピーします。 テンプレートのインストール方法については、こちらを参照ください。 以降はTP_SRDisplayフォルダとTP_SRDisplayBPフォルダを C:\Program Files\Epic Games\UE_4.27\Templates に配置したものとして説明します。

  1. Sample Projectsをダウンロードしてください。
  2. SRDisplaySamplesProject_x.y.z.nnnnn.zip を任意のフォルダに解凍してください。
  3. Unreal Engineバージョンを選択する

    SRDisplaySamples.uprojectを右クリックし、コンテキストメニューから「Switch Unreal Engine version...」を選択します。

    "Unreal Engineのバージョンを選択"というダイアログウィンドウが開くので、Spatial Reality Display Pluginをインストールしたエンジンを選択します。

  4. Unreal Engine Editorで SRDisplaySamples projectを開く

    SRDisplaySamples.uprojectをダブルクリックし、UE Editorで開きます。 "Missing SRDisplaySamples Modules"というダイアログウィンドウが開くので、Yesをクリックしてサンプルプロジェクトのc++ソースコードの再構築を開始します。

  5. Sample map "Cube"

    ソースコードの再構築に時間がかかる場合があります。リビルドが完了すると、エディタとサンプルマップ"Cube"が自動的に開きます。

  6. VRプレビューモードで"Cube"を実行する

    再生ボタンの横のドロップダウンメニューからVRプレビューを選択します。